お写真たいむ
日々是写真修行・・・
http://rainbowcat55.blog84.fc2.com/

 

 1

 

 

 

七福神の飴を頂きました

 

直径2センチほどの小さな飴です。

 

こういう可愛いお菓子は、もったいなくてなかなか食べられませんねー

 

 


 

 

これはぜひ写真を撮らなくちゃ!と思うのですが、さて、どのように撮ろうかな

 

和風の豆皿に並べたらどうかな?手ぬぐいや和紙の上に置いたりするのもいいかも・・・

 

 

しかし、なかなか合うお皿がなく、素敵な手ぬぐいや和紙もありません。。。

 

いろいろ台所を引っ掻き回していたら、てんぷら用の敷紙がありましたよ!

 

ま、これでもいいか

 

 

 

それだけだと寂しいので、飴が包まれていた赤い和紙(ふう?)の包装紙を下に敷いてみました。

 

おめでたい雰囲気になったかな?赤い紙の折りじわがちょっと気になるけど・・・

 

 

 



00128-2.jpg 2

 

 

一個だけ撮るなら、やっぱり紅一点の弁財天でしょうね。

 

ちょっとサザエさんふう

 


00128-3.jpg 3

 

 

 

これは毘沙門天かな?

 

もうちょっと顔がはっきり見えたほうがよかったですね

 

 

 


00128-4.jpg 4

 

 

 

全員のお顔をはっきり写したくて、真上から撮ってみたりしたけど、どうもイマイチでした

 

 


00128-5.jpg 5

 

 

 カメラのモードを変えて、少し淡い雰囲気にしてみました

 

 千代紙なんかあったらよかったかもね。今度買っておこう

 

 

 


 

 

 

ところで、「今度は愛妻家」という映画を見てきました

 

豊川悦司と薬師丸ひろ子が出演する夫婦の物語ですね。

 

トヨエツがカメラマン役ということで、写真家の日常と、ハッセルブラッド( こんなカメラというカメラを使っているところが見たかったから。

 

しかし実際は、訳あって写真が撮れなくなってしまったカメラマンの役だったので、写真を撮るシーンはちょっとだけ・・・がっかり・・・(いろいろ検索してたら、トヨエツがカメラの扱いを間違えているという指摘も。そうだったのかな?)

 

 

以前に見た素敵な写真がハッセルブラッドで撮られたものと知ってから、このカメラに興味を持ってます。

 

今のところ、フィルムや中判カメラに足を踏み入れるつもりは全然ないんだけど、どんなふうに撮るのかなと思って。。。

 

 

映画もまるでそのカメラで撮ったような、浅い絞りで淡い色の素敵なシーンがたくさんありました。

 

行定勲監督ってこういう撮り方がお好きなんでしょうね

 

 

ストーリーはほとんど家の中で進行するし、セリフが長い会話が多いしで、なんか舞台劇っぽいなーと思ったら、原作は本当にお芝居なんですね。

 

映画の内容は思っていたのとちょっと違いましたが、トヨエツの姿勢の良さと歩き方のキレイさに、とても感心いたしました

 

あと、石橋連次さんがとてもいい味出してます・・・

 

 

 

 

 


 

がーこ

Author:がーこ
2007年6月から写真を撮り始めました。
まだまだビギナーですが、いつか撮れる大傑作を目指して、写真修行の道のりを記していきたいと思います。

使用カメラ
PENTAX K10D
PENTAX K-7
RICOH CX3
RICOH CX6
ViviCam 5050
OLYMPUS PEN E-P3

うちの猫

マックス(♂)は虹の橋で待機中。姫子(♀)8歳、れお(♂)8歳、なな子0歳。(ブログ「ハルヒビ。」のかえるさんに描いて頂きました!)

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

未分類 (23)
うちの猫 (105)
花・植物 (101)
魚・動物 (99)
街・建物 (320)
料理・食べ物 (38)
小物 (90)
風景・人物 (456)

FC2Blog Ranking

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2010 お写真たいむ, all rights reserved.