FC2ブログ

 

お写真たいむ
日々是写真修行・・・
http://rainbowcat55.blog84.fc2.com/

 

 1



先日、東京都庭園美術館に行ってきました








この建物はアール・デコの館として有名です。


以前こちらで撮影した写真を見てから一度行ってみたいと思っていたんですが、ちょうど先日、年に一度の建物公開展がありました。

この公開展だけは写真撮影がOKなんだそうです




00416-2.jpg 2




東京都庭園美術館は 朝香宮[あさかのみや]邸として1933年(昭和8年) に建てられた建物で、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われたこともあるそうです


「この建物はフランス人デザイナーが主要部分を設計、内部装飾もフランスをはじめとする 外国から輸入されたものが多用されています。また基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮[たくみりょう] の建築家が担当し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。」


・・・へぇ・・・




00416-4.jpg 3




入ってすぐの天井。

すごい数ですね





00416-3.jpg  4

 

2階へ続く階段の装飾が素敵





00416-9.jpg 5



階段を上がったところ。

この裏から照らされた白いところに黒いクルクル模様が、アールデコっぽいですね



00416-5.jpg 6



電灯がとても印象的でした。 
 
各部屋にそれぞれ違うデザインの電灯が下がっています





00416-6.jpg 7



この館の内装にもかかわったフランスのガラス工芸家、ルネ・ラリックのガラス作品。

左は金魚のお皿、真ん中は確か「勝利の女神」(カーマスコット)だそうで、右は雀の電気燭台。


ガラスケースの反射が難しかったですね




00416-7.jpg 8



左下が朝香宮妃。写真とそっくりでした!

夫の朝香宮が留学中のフランスで交通事故で重症を負い、
その看病でパリに長く滞在したそうです。
それで、そのときヨーロッパで流行っていたアール・デコが、ご夫妻とも気に入ったそうですね





00416-8.jpg  9



見学者もカメラマンもたくさんいました




00416-10.jpg 10



2階のベランダ。
まさかここに洗濯物は干さないだろうなー。 





00416-11.jpg 11





玄関の窓に映った桜。









目黒駅から歩いて10分弱、シロガネーゼで有名な白金台にあります。

元祖シロガネーゼになるのかもね

大きな建物ですが、公開されているのは半分だけのようですね。庭もまた広大なんですよー



次回ももうちょっと庭園美術館をご紹介します。




(訂正:先日の記事、CX3で撮ったFlowersに、1枚だけ一眼レフで撮った写真が混じってました。1枚のSDカードを2台のカメラで共有したせいで気付きませんでした。すみません。記事も修正しました。)






 
 

Comment

 

No title

こんにちは!アールデコの建物って
もっと派手なイメージでしたが、
なんか外観はシンプルなんですね。
あ、中はやっぱり派手だぁ^^

ほうほう!かつてエライ様も使われた
立派な建物なんですね~(拝)
難しい事はよくわかりませんが、
派手な中にもどことなくシンプルさがあって
「アール・デコ様式に日本独特の感性を
付け加えています。」という意味、
なんとなくわかる気がします。
いや、分かったフリをしてるだけかもしれません(笑)

電気が薄明かりなとこも素敵です~!

3番の電球の数、ほんと凄いですね!!
色々大変そう・・・でも、電気のスイッチ
入れて、あの電球が一斉についたら
なんだか楽しくなっちゃいそう^^



NAME:がごめ昆布 | 2010.04.16(金) 17:41 | URL | [Edit]

 

No title


写真が撮れる貴重な日だったんですねー。
「いつでも行ける」「いつでも撮れる」という場所じゃないから
緊張感が増していいかもしれませんね。

私灯り大好きなんですよー。
どれも個性的で素敵♪

写真は2が1番好きです。
バランスもいいし、雲の形がカワイイ☆
11もキレイで貴重なお写真ですね。(^^)

NAME:かがり。 | 2010.04.16(金) 19:25 | URL | [Edit]

 

おはようございます

東京都庭園美術館ってあるんですね
田舎者は無知でして・・・(´゚'ω゚`)

にしても、アールデコって
レトロっぽくて、素敵ですね

5番目の階段を上がったところは
下の部屋の大きさが感じ取れて好きです

最後の玄関は、外の風景が一律に見えなく
前回のエリスマン邸とは違った感じで
古いカットガラス故にいいですね(´∀`)w





NAME:NIKO | 2010.04.17(土) 11:00 | URL | [Edit]

 

No title

桜の木が似合う立派なお屋敷!
アール・デコ…なるほど!ってよくわかってませんが^^;
照明も豪華ですね~♪
山手の洋館にちょっと似てる部分もありますが
洋館というよりは神殿みたいな感じですかね!

NAME:pee | 2010.04.18(日) 00:45 | URL | [Edit]

 

がーこさんおはようございます

あー、ラリックだあ!
ガラス物好きの私としては箱根の美術館にも行きたいと思っているのですが・・・。

公開展の情報などはどちらから仕入れるのですか(笑)?

NAME:アビmama | 2010.04.18(日) 10:05 | URL | [Edit]

 

コメントありがとうございます!

☆がごめ昆布さま
そうですね。色は派手じゃない気がするけど、模様は派手でしょうか?
私のアール・デコのイメージは白いところに黒いクルクルです。^^;
和風な部分もありましたが、畳の部屋はなかったですね。
でも公開されているのは半分程度なので、当時はあったのかも?

確かにあの電球を管理するのは大変そう。
やはり今どきはLED電球に変えるのでしょうかね?
お掃除もさぞ大変でしょうねー!


☆かがり。さま
いつでも写真を撮れるのかと思っていたら、実は違うようでしたね。
たまたま公開の日が4月にあってラッキーでした!^^
もっと有名な撮るべき被写体があったようですが、あまり下調べしないで行ったので、撮りそこねました。^^;

素敵な灯りがたくさんありましたよ。
11番は今の季節ならではの映り込みになりました!


☆NIKOさま
私も写真を始める前は、このような美術館があるのを知りませんでした。
写真を始めてからいろいろな場所に行くようになって、たくさん覚えましたねー。
東京は広いです^^

アール・デコは日本で言うと大正時代なのかな?
レトロでモダンという感じです。
最後のカットは、最初ピンボケに見えましたが、ガラスが古くてこうなってしまうんでしょうね。
面白いですね。^^


☆peeさま
私もアール・デコのイメージは、黒いクルクル模様くらいの知識しかありません^^;
確かに2階の住居部分は山手の洋館に似ているところも多いですが、もっと広くて高級な感じですね。
1階は広いホールなどが多くてホテルみたいでした!
庭も広大ですよ!

☆アビmamaさま
おはようございます!
アビmamaさんはラリックがお好きなんですね。
私は名前しか知りませんでしたが、素敵な作品ですね。^^

一度ここへ行ってみたいと友人に言ったら調べてくれて、たまたま3月下旬から公開展があることがわかり、そのときに行くことにしました。
行きたいところはだいたいインターネットで調べるか、写友からの情報です。

NAME:がーこ | 2010.04.18(日) 11:28 | URL | [Edit]

 

No title

アンティークショップに勤めていた頃、かれこれ15年以上前に何回か訪れたことがあります。ラリックのガラスとデコ様式のインテリアが見たくて・・・。

でも、桜の季節に行った覚えがなく、こんなに桜が植わってたとは知りませんでした。写真を通じて興味の巾が広がるっていいですね!

NAME:ゆーこ | 2010.04.19(月) 12:48 | URL | [Edit]

 

ゆーこさま

そうなんだ。わりと有名な所なんですね。
私は最近まで全然知りませんでした。^^;

この季節には広い庭で花見に最適ですね。
シロガネーゼたちがたくさんピクニックに来てましたよ!^^

NAME:がーこ | 2010.04.20(火) 07:51 | URL | [Edit]


秘密にする

がーこ

Author:がーこ
2007年6月から写真を撮り始めました。
いつか撮れる大傑作を目指して、写真修行の道のりを記していきたいと思います。

マックス(♂)と姫子(♀)は虹の橋へ。 れお(♂)10歳、なな子2歳

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

未分類 (26)
うちの猫 (109)
花・植物 (103)
魚・動物 (99)
街・建物 (327)
料理・食べ物 (38)
小物 (95)
風景・人物 (458)

FC2Blog Ranking

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる

QRコード

 
*Template By-MoMo.ka* Copyright © 2020 お写真たいむ, all rights reserved.